ミドリムシ 効果

ミドリムシとは

ミドリムシは、学名をユーグレナと呼び、名前にムシとつきますが、藻の一種です。

 

特徴はアミノ酸18種類、不飽和脂肪酸13種類の動物性栄養素と、ビタミン類13種類、ミネラル10種類の植物性栄養素の両方を持つことで、さらに特有の成分として免疫向上成分であるパラミロン(βーグルカン)ねど5種類の特殊成分を含有しており、完全栄養とも呼ばれています。ミドリムシを摂取することでこれらの栄養素を一度に採ることができます。

 

ミドリムシは成長過程での二酸化炭素吸収率が植物の中でも高いと言われており、地球温暖化対策としても注目されています。しかし、栄養価が高く、他の生物の食物となることから、大量栽培は難しいとされていましたが、2005年に東京大学を中心とした研究チームが大量栽培に成功しました。さらにサプリメント等に利用しやすい乾燥粉末の食品化にも成功しました。

 

ミドリムシは「若返りホルモン」と呼ばれるアディポネクチンを増加させる働きがあます。このアディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンで、メタボリックシンドロームやがんの予防、改善に役立つと言われています。

 

また、パラミロンという固有の成分も含有しており、これはβ1,3グルカンの結晶とクロロフィルの塊で、食物繊維のように消化されることなく体外に排出されるので、便通改善やデトックスに効果があると言われています。ミドリムシの全体重量の約1割がこのパラミロンで構成されています。

 

ミドリムシの主な効果

女性向け その他

 

ミドリムシの役割

 

ミドリムシは、59種類もの栄養素を持つ完全栄養食として現在最も注目されています。サプリメントやクッキーなどの形で摂取する方法がメジャーであるようですが、女性はもちろんの事男性にもおすすめです。

 

その健康効果は、便秘、肌荒れ、高血圧、倦怠感、疲労感の解消など、多岐にわたります。これらはミドリムシに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸などのほかに、ミドリムシ特有の成分であるパラミロンの働きが効果を発揮します。

 

パラミロンの構造は炭にとても良く似ており、表面に無数の穴が存在します。この穴に、コレステロールや中性脂肪などの体内の老廃物を吸着して排出する強いデトックス効果を持っています。それの効果により血流が改善して動脈硬化の予防につながります。

 

またプリン体の吸収を抑制する働きがあるので、痛風の症状改善にも期待が持てます。パラミロンは食物繊維と同じように難消化性なので、便秘解消にも良いでしょう。くわえて基礎代謝の向上、低体温の改善などの効果もあり、内臓脂肪をつきにくい体質に変えてくれるので、ダイエットにもお勧めです。

 

パラミロンは世界中の研究機関で研究されており、今までにコレステロール低減、抗がん剤との相乗作用、抗がん剤の副作用軽減、感染症予防、UV防護作用、ストレス軽減、歯科治療との相乗作用などの検証例が報告されています。葉酸と亜鉛を多く含むため、妊活サプリとしても男女問わず利用されています。

 

更新履歴