ミドリムシに含まれる栄養成分一覧

ミドリムシは動物と植物の両方の特徴を兼ね備えており、59種類もの栄養素をバランスよく含んでいます。その内容はビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、K1、αーカロテン、βーカロテン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸などのビタミン類が14種類、マンガン、鉄、銅、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リンなどミネラルが9種、バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、フェニルアラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチンなどアミノ酸が18種類、DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、エイコサジエン酸、アラギドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγーリノレン酸など不飽和脂肪酸が12種類、パラミロン、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシンなどその他の成分が7種類、合計59種類です。。

 

これらの栄養素は、美容や健康効果など、さまざまな機能を持っているため、ミドリムシをマルチサプリメントとして利用している方も多くおられます。

 

これらのミドリムシの栄養素は若返りホルモンと呼ばれる、細胞脂肪から分泌される善玉ホルモンのアディポネクチンの増加を助ける働きがあり、骨量増加やヒアルロン酸の合成促進、抗がん作用、抗動脈硬化作用など、さまざまな効果を促進する働きがあります。

 

また、ミドリムシ固有の成分であるパラミロンには、表面に無数の穴が開いており、難消化性のため、脂肪やコレステロールなどの老廃物を穴に取り込んで体外に排出する、いわゆるデトックス作用に優れています。